ほくろの治療や原因を追究!早い段階で治療を実施した方が良い

サイトメニュー

気になる黒子を除去

顔に触れる女性

費用や病院選びのコツ

老若男女問わず誰でも多かれ少なかれほくろは持っています。しかし、できる場所や形状は千差万別。他人からの視線が気になるような場所にできてしまったほくろや、色が濃かったり膨らみの大きなものだったりすると鏡を見るたびうんざりすることもあります。いっその事除去してしまいたいと考える人も少なくないはずですが、実際治療を経験したことのある人は実はそう多くはありません。それには治療の実態が知られていないという現状が関係します。ほくろ除去は美容クリニックでうける事が可能ですが、治療方法はいくつかあり、状態によって最適な方法は異なります。一番ベーシックなものは液体窒素による凍結療法です。これの場合は健康保険が適用になる可能性もあり、費用は1回あたり千円程度ですが、何度か繰り返し施術する必要があります。その他だとレーザー治療、手術があります。レーザーの場合は大きさによって費用が異なります。相場は1ミリあたり5千円程度です。より大きなほくろの場合は手術が必要になりますが、1個あたり3〜5万円程度になる事があるようです。費用はクリニックによって異なるため、事前のカウンセリングでしっかり確認しましょう。ほくろを除去する場合の病院として第一にイメージされるのは皮膚科です。皮膚科には美容皮膚科と通常の皮膚科がありますが、通常の皮膚科の場合は病的な所見のないものに対しては健康保険の兼ね合いから、希望通りの治療が受けられない可能性もあるので、美容を目的として除去を受けたい場合は最初から美容医療を提供するクリニックへ赴くのが最短ルートです。美容クリニックも数多くあって迷ってしまいますが、選ぶコツがいくつかあります。まずは症例数です。ホームページなどで確認できる場合があります。症例数の多さはそこのクリニックのドクターが得意している治療と一致します。ほくろの形状を見て最適な治療方法を選ぶ事も知識や経験を要しますし、実際の施術もスキルによって結果を左右しますので、出来るだけほくろ治療を得意とする、つまり症例数の多いクリニックを選ぶとよいでしょう。また、件数だけではなく実際に施術前後の写真をホームページに掲載しているクリニックもあるので参考になります。さらに、費用などについても自身の予算に合っているかなどを基準にして検討するようにするとよいです。