ほくろの治療や原因を追究!早い段階で治療を実施した方が良い

サイトメニュー

悩みを解消する方法

カウンセリング

整形で肌を綺麗にする

ほくろは美容整形の施術で取ることが可能ですが、個人ごとに大きさが違います。ほくろの大きさによっては適切な除去方法が違ってくるので、自分が取り除きたいものが何cmほどの大きさなのか把握しましょう。実際の除去施術を受ける前に美容整形で治療を担当する医者から説明を受ける機会が設けられます。多くの美容整形ではカウンセリングを重視していて、患者が納得して施術を済ませることができるように配慮しています。カウンセリングでは値段の他にも自分に合った治療の方法の説明をしてもらったほうが良く、施術が完了した後のアフターケアやダウンタイムのことも詳しく質問すると安心できます。特に顔のほくろを除去したい場合には、どの程度のダウンタイムの期間があるのか重要で、仕事をしている人は休まなくても済む方法を選ぶことが大事です。大きいほくろは外科手術が必要ですが、小さいものならばレーザーを照射して患部を焼くことで綺麗にすることも可能です。お肌にダメージや傷が残らないかを質問することもおすすめします。美容整形でほくろを取る治療の流れは、電気メスやレーザーを使う場合と切開をするときとで少し変わります。どの治療方法を選択したとしても、患者と医者が話し合って方法を決定するためにカウンセリングを受けます。クリニックによってはカウンセリングを無料で行っているために、余計な費用をかけずに済みます。施術方法が医者から提案されて患者が納得したときには、都合の良い日時を決めて、その日に施術が行われます。レーザーや電気メスでほくろを除去する方法では、施術は数分で完了します。患部にテープを貼る必要がありますが、メイクなどはすぐにできます。切開法でほくろを取り除く施術の場合には局所麻酔をしてから治療を行います。メスを使って切る施術なので、ほくろを除去してから縫合します。切開法でも治療にかかる時間は数分で、すぐに日常生活を送れますが約1週間後に再度クリニックに来院して抜糸をします。いずれの施術を受けたときも、3週間から半年ほど時間が経過した頃にかさぶたが取れるので患部の症状が落ち着いてきます。